思春期と高校教師

 

胸騒ぎのアフタースクール

 

 

あふれる好奇心

 

 

すべては輝いていたぁ♪

 

進研ゼミ中学講座!! (0:15〜)

 

 

どうも。

まさか自分が着物のお仕事に携わるとは微塵も思ってなかった学生時代。

どちらかといえば、

女子もっとスカート短くなればいいのにとか、

ちょっとエッチな先輩女子に迫られないかなぁ〜とか、

保健室にエロい先生なんかいねーじゃんとか、

思春期のリビドーの権化と化していたポンコツ学生。

 

 

 

ご縁あって高校生に「お仕事とは・・・」みたいなお話をする機会をいただきました。

 

 

ピッピピピ プッペッポー ガッちゃんも♪

でお馴染み 『Dr.スランプ アラレちゃん

 

ギャルのパンティーおくれーっ!

でお馴染み『ドラゴンボール』

 

の作者 鳥山明先生の母校である起工業高校。

 

進路担当の先生からは

『仕事の大変な部分を生徒に伝えてやってください!』

とのご要望。

 

控え室で一緒になった愛知県警の警部さんに

『おまわりさんの大変なことってなんスカ?』って聞いてみたの。

 

警「いわゆる3Kですよ。でもね、逆の3Kもあるんです』

健「…ぎゃ逆の3K??』

警「えぇ。感動。長くやっているとあるんですよ感動する瞬間がいくつも。』

健「なるほど」

警「そして感謝。やっぱりお礼を言われると嬉しいですよ。やっててよかったと思える。」

健「そうですよね。」

進路の先生「では教室への移動をお願いします。」

警「はい。ではまた。」

 

へいへーい!おまわりさん!!

 

『また』って。

 

次はどんなカタチでお会いするおつもりですか?

アタシヤマシイコトナイアルヨ。

 

そして何より…

 

残り1個の『K』はなんですか?

 

めっちゃ気になるやん。

 

後ろ髪を引かれながら教室に移動し生徒さんの入室と同時にお話をさせていただきました。

まずはじめに今聞いたばかりの

「警察官の3K」の話から始まり、接客、サービス、販売についてほんのりお話をしました。

めっちゃ真面目に聞いてくれる姿勢がとてもキラキラ輝いていてこちらが感動して熱くなり

松岡修造さん的なノリで

『みんなの可能性は無限大だ!出来ないことなんてないからとにかく色々挑戦しよ!』

熱めのお話しをさせていただきました。

 

綺麗事とかじゃなくてここ数年本当に思うのです。

 

成し遂げたい気持ちが本物なら大体のことは叶うんだって。

 

でも高校生の頃思い返してみても『成し遂げたいこと』を見つけてる奴の方が少ないぐらいで

『成せたらいいなぁ』レベルで大半の男子は稚拙で官能的なハプニングぐらいしか思い描いてないのです。(当社調べ)

 

だからとにかくいろんな経験をした方が良いのではないかと思うわけです。

 

人前でお話するというのは自身を見つめるいい機会になると思い…

店長の浜野にも参加してもらいました。

授業が始まる前に教室についた女子生徒さんから

 

『え!?可愛いぃぃ』

 

と言われて浜野はご満悦でした。

 

 

だから帰りのドライブスルーで奢ってくれるのかと思いきや

 

財布ないとか言い出す上手な部下でした。

 

本当にいい経験をさせていただきました。

ありがとカジャくん!

 

最後になりますが僕の思春期の「成し遂げ」についての結果報告です。

女子もっとスカート短く→◎ 時代がそうさせた。

ちょっとエッチな先輩女子→△ 詳しくは店頭で。

保健室にエロい先生→× 皆無。無、無、無、無。

 

「成し遂げたい気持ち」を強く持って生きていこうと思います。

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です